記事一覧

割れても好きなアンティークプレート。

プレートの縁がレリーフになっている、青色ステンシルの素敵なアンティークプレート。こちらはベルギーBOCH、1960年代のもの。とってもかわいらしいプレートです。昨年9月にベルギーに買い付けに行ったときに見つけて状態が良いものを2枚だけ持ち帰ったのですが、残念ながら郵送中に破損して戻って来てしまいました。1枚は完全に割れてしまったのですが、もう1枚は半分くらいまで亀裂が入って割れずに残りました。危なくてお譲りも...

続きを読む

アジサイのドライフラワー、その後。

この間のブログでドライフラワーをしたアジサイは、すっかり乾燥して、こんなふうになりました。花びらも、色のグラデーションも割ときれいに残っています。今はお部屋のフックに掛けた編みバッグから覗かせて飾っています。古い家具にもよく合うドライフラワーが大好きです。 *現在9位です 1クリックでランクUP 応援お願いします*...

続きを読む

ドイツ製の紙コースター。

繊細なお花模様がかわいらしい、ドイツ製の紙コースターを見つけました。上品な模様だけれど、コースターのように小さくなるとかわいらしく思えます。こちらはアンティークではなくて、現行品です。でも、活版印刷のようにお花模様のところがでこぼこしていてちょっと古い趣があります。コースターとして1度きりで使うのがもったいない、と思ってしまいます。さて、何に使おうかしら、、、 *現在9位です ポチっと1クリック応援お願...

続きを読む

大好きなパン屋さんのこと。

今日は、私の大好きなパン屋さん PAUL(ポール) でランチをしました。1889年創業のフランス老舗のパン屋さんで、この東京にもいくつか店舗があります。どの店舗も店内はフランスのような雰囲気があるのですが、私がいちばん好きなのは四ツ谷店。使い込まれた古い農家の道具や額が飾られていて、大きな窓からレース越しにやわらかい光がたっぷり入ります。カンパーニュ(田舎)のような雰囲気がゆったりしていて、忙しい日も何だか...

続きを読む

フランス・サルグミンヌのレアなプレート。

この大胆なレイアウトと色使いが素敵なプレートは、昨年9月にベルギーのブロカントで見つけた、フランス・Sarreguemines(サルグミンヌ)のアンティークプレートです。Sarregueminesをご存知の方は、びっくりするかもしれませんね。Sarregueminesといえばステンシルものが多いですが、こちらのプレートはお花模様がレリーフになっています。白のレリーフのプレートはたまに見かけますが、このような色使いでプレート全体にレリーフ...

続きを読む

桃の紅茶。

新しく春用の紅茶を買いました。三國屋善五郎の桃の紅茶。桃のほんのりいい香りのする紅茶です。就寝近くの夜でも、起きたばかりの朝でも、安心して飲めるノンカフェイン。今日も、お気に入りのティーポットと古い小さなカップで朝にちょこっとだけ淹れていただきました。紅茶が大好きな私は、その季節に合った紅茶もよくいただきます。大好きなティーセットでお茶から季節を感じるのも、暮らしを楽しむひとつになっています。 *現...

続きを読む

クラフトボールのラッピング。

今日は、最後のデミタスカップ3客がお嫁に行きました。今回は、前から構想にあったぎざぎざストライプのクラフトボールを使ったラッピング。やわらかめのクラフトボールでやさしく包んであるから、大切な食器も安心です。(もちろんこの下はプチプチで包んであります)クラフトボールの上からスタンプも押しました。ぼこぼこしていて、擦れたようにスタンプされるのもまた良い雰囲気になりました。気に入っていただけるかしら、、...

続きを読む

手作りキッシュ。

私の大好きなたべもの、キッシュ。お料理の本を見ていたら、意外にも簡単にできると知って、昨日初めておうちでキッシュを作りました。キッシュの中身は、ほうれん草、ベーコン、たまねぎ、じゃがいも。お味は、もうちょっと塩気があっても良かったけれど、初めてにしてはまぁまぁの出来でした。キッシュは、朝食やおやつにもなるし、洋食のサイドメニューにもなるお料理。簡単でいただく時間帯も選ばないから、何度も作ってしまい...

続きを読む

ディスプレイ。

先日、素敵な植物のイラストのポストカードを見つけて、お部屋のディスプレイの一角に仲間入りをしました。私のおうちの中には、いくつか好きなものをディスプレイする場所があります。小さくてもディスプレイする場所を作っておくと、そこを少し変えるだけで、お部屋の雰囲気が変わって楽しめるからです。そうして、次はどんなふうにディスプレイしようかしら、なんていろいろと考えるのもまた楽しい時間です。私の、暮らしを楽し...

続きを読む

春のお嫁入り。

今日の東京は、あたたかな春のような陽気でした。そんな日に、お客さまの元にまたひとつお嫁入りしました。ノルウェーFiggjo(フィッギオ)社のスクエアプレートです。春も近いので、ラッピングにはオリーブ色の薄葉紙に葉脈を使って自然を感じるような仕上げにしました。今回のお嫁先は、嬉しいことに2度目のお客さまでした。プレートもラッピングも気に入ってくださったようで、お客さまからとっても素敵なメッセージをいただき...

続きを読む

錆びたアンティーク缶。

先週、恵比寿を散策していたときに偶然見つけた、アンティークショップのnaughty(ノゥティー)さん。所狭しと古いものがたくさん置いてあって、蚤の市のような雰囲気のお店です。そのお店で、少し錆びついたアンティーク缶を見つけました。缶のふたには、ドイツ語がエンボス加工されています。なんて書いてあるのかしら、、、お店の方にいつ頃のものかお聞きしましたが、残念ながら年代は不明とのこと。とりあえず、使う目的も決...

続きを読む

アジサイのドライフラワー。

昨日から、おうちの窓辺にアジサイをつるしてドライフラワーを作っています。青いアジサイは水分が多いから、ドライフラワーにはあまり向かないみたいだけれど、前回も同じ方法でできたのでやってみています。今日だけでもずいぶん乾燥したから、あともう1日くらいかしら。グラデーションに色づくアジサイは、やっぱり素敵なお花です。 *現在14位です いつも1クリックありがとうございます*...

続きを読む

ワックスペーパーのラッピング。

先日、ついに買い付けしたBOCHのRAMBOUILLETシリーズ最後のプレート2枚がお嫁入りしました。お嫁に行った先は、早いものでもう1年間くらいずっとお付き合いをさせていただいている素敵なお客さまのところです。いつも喜んでくださって、大切にしていただけるお客さまだから、最後のお別れも安心して送り出せました。今回のラッピングは、久しぶりに半透明のワックスペーパーを使いました。ワックスペーパーの透けた感じがとても好...

続きを読む

やさしいお菓子。

昨日、友人に教えてもらって代官山にあるPicassol(ピカソル)というお菓子屋さんを訪ねました。かわいらしい小さなお店に、いろんな種類のサヴォア(スコーンみたいなお菓子)やマフィン、ケーキなどが置いてあります。そのお菓子のほとんどはお砂糖を使わず、添加物も使っていない、からだにやさしいお菓子です。私は、パンプキンのケーキとサヴォアを買いました。自然素材の、自然な甘みのあるお菓子は、ほわんとやさしい気持ち...

続きを読む

恵比寿、散策。

今日は、久しぶりに会った友人と一緒に、東京・恵比寿に行きました。今日は1日、お互い大好きなカフェと雑貨屋さん巡り。カフェも雑貨屋さんもたくさん見て回りながら、楽しいおしゃべりと素敵なものを見つけた、とても楽しい1日でした。今回見つけた雑貨たちは、また後日ご紹介いたしますのでお楽しみに!お昼を少し過ぎた頃、渋谷川沿いにあるちょっと変わった形をした白い一軒家のカフェ、coci(コチ)さんでランチをいただきま...

続きを読む

大好きなアンティーク食器のこと#5

私が大好きなベルギーBOCHのブラウン食器シリーズ最後です。こちらは、1960年代、Bernadette(ベルナデッテ)というシリーズ。今までご紹介したシリーズとはちょっと赴きの違う、幾何学模様の食器。四角形のペイントは規則正しく、ほぼ大きさも一緒なのできっとステンシルを使っているのかなと思うのですが、四角を囲んでいるドットはかなり歪んでいます。きっと、このドットはハンドペイントです。幾何学模様なのに不思議と温かみ...

続きを読む

今日のちょこっと朝食。

今日は少しだけ早起きして、楽しみに買っておいたスコーンを朝食にいただきました。ちょっとだけ温めて、ベリーのジャムをつけて、、、生クリームもあると良かったな。スコーンは私の大好きなお菓子のひとつです。スコーンと言っても大きく2種類あって、まあるいイングリッシュスコーンと三角形のアメリカンスコーン。私は、こちらのまあるいビスケット風のイングリッシュスコーンが好きです。今日も、ごちそうさまでした! *今日...

続きを読む

日光・旅のかけら(2) 木製の糸巻き。

栃木県・日光の旅の途中に、アンティーク雑貨店、nazunaさんを見つけました。日光にも私の心をくすぐる雑貨店があるとは思いもよらず、嬉しくなって、ついつい、また寄り道です。本当はもっとじっくり見たかったけれど、時間もあまりなくて10分くらいの滞在。お店の外まで和洋アンティーク雑貨がたくさん並んでいました。古くて素敵な雰囲気の棚や椅子もあったけれど、旅の途中なので大きな荷物は持って帰れないのが残念です。お店...

続きを読む

日光・旅のかけら(1) 和の急須。

今日2回目の更新です。前の日記で綴った骨董市に行った数時間後、実は、栃木県・日光へ3日間の旅行に行っていました。温泉と日光東照宮が目的なのに、私はというと、やっぱり普段行けない土地の雑貨屋さんに目移り(笑日光街道沿いにある、WOODMOCC(ウッドモック)さんにお邪魔しました。伝統の日光彫や木製品を販売するお店で、ころんとしたかわいい木製の急須を見つけました。たまにおうちで日本茶を淹れるときは、今までガラス...

続きを読む

弥生の骨董市。

3月1日、日曜日。1月に行った新井薬師骨董市へ出かけました。1月のときよりはずいぶん出品が多かったけれど、ぐるぐるっと2周くらいしても、あんまりピンと来るものがありませんでした。最後に、と思ってちらっと見た店主のところに、小さなガラスビンがいくつか置いてありました。手に取って見ると、気泡のたくさん入った歪んだ小さな古いガラスビンでした。病院で使われていたようで、ガラスの表面に伊東醫院という文字と目盛が...

続きを読む

Calendar

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Plofile

アンティーク食器と雑貨のネットショップ
lincs.[リンクス]の店主erico.です。

lincs.のこと、日々のことを
写真とともに少しずつ綴っています。
どうぞゆっくりご覧くださいね。

▼lincs.はこちらからどうぞ
lincs.

▼ブログランキングに参加中です。
買い付け中もポチっと応援くださいね。
ブログランキング・にほんブログ村へ

当サイトに掲載の写真および文章の
無断使用・転載を一切禁じます。

Search

Twitter

Archive