記事一覧

春の気配のドイツより。

image_20130416024814.jpg

オランダを発ち、
今日からドイツ入りしました。

オランダを発つ直前もそうでしたが、
ここドイツもあたたかです。

やっと春の気配で嬉しいのですが、
今度は重ね着が暑くなってしまいました。
あんなに寒かったのに、、、
温度調整がなかなか大変です。

オランダを発つ前の週末にも、
たくさん買い付けをしていました。

初めての入荷となるので私も嬉しい、
イラストタイプのスタンプを見つけました。
オランダ製で、植物図鑑のようなものや、
牛やチーズ、パンなどの組み合わせのものが15種類ほど。
どれが良いか迷いそうなくらい、たくさんあります。
私もまだ実際にスタンプしたものを見ていないのですが、
お便りやカードにスタンプしたら、きっととてもかわいいです。
ご紹介のときには、きれいにスタンプしたところを
お見せできると良いなぁと思います。

無事に届けば、久しぶりに
HORNSEAの食器も入荷できそうです。

シリーズ名を失念してしまいましたが、
焦げ茶色の地に白い釉薬がかかったお花柄。
落ち着いた雰囲気があって、とても素敵です。
どうぞお愉しみに。

その他にも、貫入が素敵なお花のケーキプレートや
パリパリの古い紙袋や紙箱などなど。
紙もの好きの方も愉しみにしていてくださいね。

ここからは、ちょっと休息のお話を。

買い付け中はいつも休みなく動いているのですが、
今回のオランダ滞在は、
日程の関係でいつもよりちょこっとだけ長くて、
梱包に充てていた時間に少し余裕がありました。

その時間を利用して、
実は以前からトラムの窓から観ては
ずっと憧れていたコンサートホールへ行ってきました。

オランダには、世界三指と言われる音響を持つ
コンセルトヘボウという、今年125年を迎えた
古いコンサートホールがあります。

image_20130416031404.jpg

こんなふうに買い付け先で休息するのは初めてで、
買い付けとは違うドキドキ感。

今回私が鑑賞したのは、
オーケストラコンサートのバックステージ席。

image_20130416031403.jpg

映画に出てきそうな美しい建物にため息がこぼれ、
演奏が始まってみると、
音響もそれはそれは驚くほどとっても滑らかでした。

特に高音の響きがきれいで、
感動して涙が出そうになるほどです。

音に雑味がなく、美しく滑らかに聴こえるのは、
やっぱりきれいに響くからなのだなぁと納得でした。

きっと、弾いている人たちも
こんなにきれいに聴こえたら気持ちが良いだろうな、
なんて思います。

ほんの少しの時間でしたが、
とっても心豊かな素敵な休息でした。

ヨーロッパのクラシックコンサートは、
日本ほど敷居は高くなくて、ずっと身近に愉しめます。

今回の私の席はバックステージですが、
日本円で2,000円程度です。
コンサート当日の公共交通機関フリーパスと、
開演前と演奏の合間にある休憩時間には
フリードリンクのサービス付き。

そして、雰囲気と音響の良いホールで
本格的なオーケストラの演奏が聴けるのですから、
十分すぎるクオリティです。

コンサート内容や時間帯にもよると思いますが、
この日は愉しんでいた方たちも服装はカジュアルで、
日常のごく一部のように見えました。

ヨーロッパの素晴らしい文化だなぁと思います。

もしも皆さまもヨーロッパに行く機会があったら、
クラシックコンサートの鑑賞もぜひおすすめです。

Calendar

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Plofile

アンティーク食器と雑貨のネットショップ
lincs.[リンクス]の店主erico.です。

lincs.のこと、日々のことを
写真とともに少しずつ綴っています。
どうぞゆっくりご覧くださいね。

▼lincs.はこちらからどうぞ
lincs.
▼Twitterアカウント
http://twitter.com/lincs_shop
▼Instagramアカウント
http://Instagram.com/lincs_antique

▼ブログランキングに参加中です。
買い付け中もポチっと応援くださいね。
ブログランキング・にほんブログ村へ

当サイトに掲載の写真および文章の
無断使用・転載を一切禁じます。

Search

Archive